2016年02月27日

ピアノレッスン日記「卒業式」

ピアノクラスのゆうかさんの「卒業式」だった。
ゆうかさんは小学生時代から8年間ピアノクラスに通った。
中学生になって部活が忙しくなり、それでもピアノを弾くことが好きで通い続けたが、このたび部長を任されることになり時間も気持ちもいっぱいいっぱい。来月の発表会で披露する予定の曲もほぼ仕上がっていたのだけど、2月でピアノクラスを卒業することに。
最後だから、おうちの人に演奏を聴いてもらおう! と、ご家族を招いて彼女だけのミニコンサートを開いた。

ゆうかさんはメロディを歌わせるように丁寧に優しく弾くので、発表会用に選んだ曲はソロ曲がメンデルスゾーン、連弾曲が「ショパンのノクターン〜愛の挨拶〜愛の夢」のメドレー。
ゆうかさんとは長年レッスンで連弾を弾いてきたので、合図を送らなくてもお互いの呼吸で合わせることができる。
この幸せな時間。終わらないでほしいと思いながら弾いた。
これらの美しい曲、弾きながら涙腺がゆるみっぱなし。
最後は演奏者も聴衆も、涙でぐずぐず。

ゆうかさんは部活で音楽を続けていく。
ピアノ大好き、音楽大好きの気持ちをずっと持ち続けてほしいと願う。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 09:28| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする