2016年10月28日

日曜ぱお ジャック・オ・ランタンを作りました。

IMG_0568.JPG

こんにちは。
来週の10/31はハロウィンですね。直前の土日の明日、明後日は各地でパーティーも開催されるんでしょうね。
アトリエぱおでも、生のハロウィンかぼちゃをくりぬいて「ジャック・オ・ランタン」を作りましたよ。
10月の「日曜ぱお」でのレッスンでした。
仮装推奨で開催したとことろ、何人もの人たちが仮装してきてくれました。

IMG_0567.JPG

今回の日曜ぱおは「親子工作」として行いました。
かぼちゃはナイフや包丁で切るのですが、皮が固く危険なので、くり抜く工程はパパ・ママが行います。
そして中の種を掻き出すのはこどもたちの仕事。
スプーンをつかってガリガリ掻き出します。
中の繊維は手でつかんで引っ張り出しますが、穴が小さいので大人の手は入りませんが、子どもたちの手だと入るのです。
親子の共同作業です。

IMG_0560.JPG

IMG_0562.JPG

顔のデザインはこどもたち。くり抜くのはパパママ。顔をくりぬいている間に、こどもたちは空き瓶でミニランタンを作ります。空き瓶は腐らないので、ずっと使ってもらえます。

IMG_0566.JPG

そして完成。
最後はみんなで記念撮影。
かぼちゃを彫るのはとっても楽しいですよ。道具もお家にあるもので十分作れます。ぜひ来年はお家でも作ってくださいね。

FullSizeRender.jpg

ちなみに私は今年はドラキュラをやらせていただきました。
仮装も楽しいですよ。
何の仮装するかで迷いに迷ってお店で小一時間かかってしまいました。

FullSizeRender 23.jpg

仮装してたら、こういう写真も撮りたくなるもんですよ。

浅原
posted by ぱお at 18:59| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

展覧会への道 その5 「立体作品総覧会」

「アトリエぱおの仲間たち展」に向けて、こどもクラスの立体作品の総覧会をこどもクラススタッフ総出で開催しました。

3.jpg

2.jpg

まずは生徒さんから預かった大切な作品が行方不明などにならないよう、提出と登録にズレが無いかすべての作品をチェックします。
壊れているものなどの確認と修理も行います。
次に代表的な作品を見ながら各クラスの子どもたちの様子などについて意見交換、改善点などを総括します。
さらには搬入設置に向けての展示方法の検討。
最後は搬入時に混乱のないよう、ジャンル別に仕分け梱包して倉庫に保管します。
今回は約10時間をかけて作業しました。
この後も展示ギリギリまでの制作と、会場のレイアウト計画、会場サイン、作品解説パネル、イベント企画と準備、広報などなどまだまだ準備は続きます。
会員の皆様、ご家族お友達の皆様も、展覧会当日をお楽しみに!

【アトリエぱおの仲間たち展】
会場:JMSアステールプラザ 市民ギャラリー全室
会期:2016年11月30日〜12月4日
 11/30(水)14:00〜18:30 
 12/1(木) 10:00〜18:30
 12/2(金) 10:00〜20:00
 12/3(土) 10:00〜20:00
 12/4(日) 10:00〜16:00
入場無料
posted by ぱお at 10:49| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

展覧会への道 その4 「額装相談」

こんにちは。
続きを待ち望んでおられる方も多いでしょう、11月30日の展覧会オープンまでの道のりを追っていくコーナー「展覧会への道」。
第4回は、第3回に引き続いて「額装相談」のお話です。

第2回でご紹介した額選定に基づき、会員の皆さんへ選んだ額を提案しました。色や雰囲気、価格設定等違うものを1作品につき2点ずつ選定し、好みや事情に合わせて選んでいただきます。
1番おススメとして提案したもので良ければそのまま、2番に変更したい等あれば、この「額装相談日」にご連絡いただきました。

好みの色や額のデザイン、またはお家に飾った時に似合うほう…などなど、せっかく購入するものですから、考えちゃいますよね。

また、額はずっと使えるもの。以前購入した額に入れ替えたい等の要望も受け付けます。サイズさえ合えば良いというものでもなく、絵の雰囲気にちゃんとあっているかというのも、考えなくてはいけません。

この作品はとても気に入っているから、ぜひこの額にしたい!
本人が額を見て、この額に入れたい!というのでそうしたい。
昨年購入した額がとても気に入っていて、出品する作品に似合うようならぜひ入れ替えたいんです。
など、
いろんなお話を聞きながら相談を受けました。

それらの相談が100件超。電話やメールでひとつひとつ対応します。

IMG_1537.JPG

11時から始まり途中調整時間を挟み20時まで。今年からメール相談を導入したため、電話が常にひっきりなしということはありませんでしたが、混み合う時間には話し中で繋がりにくいこともありました。お待たせした方には申し訳ありませんでした。


このたびの相談で受け付けた方はもちろん、提案した額で変更なしの方の作品も、額装されてさらに素敵に展覧会でお披露目されること請け合いです。
お楽しみにお待ちください

展覧会への道、次回も乞うご期待です

天野
posted by ぱお at 21:44| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

展覧会への道 その3 「額相談」!

こんにちは!
ご好評いただいております、11月30日の展覧会オープンまでの道のりを追っていくコーナー「展覧会への道」。
第2回の「額選定とトリミング」につづき、第3回「額相談」です!

平面作品を提出していただいた全員の方に「額装等手配確認書(ハガキ)」を送らせていただきました。無事ご自宅に届きましたでしょうか。
現在、平面作品の額相談を受け付け中です!

ハガキに記載された作品の額装提案について、「1の額装」以外での額装(2に変更、お手持ちの額に差し替えなど)をご希望されるかた、または額について不明点などある方は、下記日程が額装相談日となりますのでご連絡ください。
ーーーーーーーーーーーー
「額装メール相談」
10/12(水)・13(木)
送信先 pao@a-pao.com

「額装電話相談」
10/14(金) 11:00〜13:00/15:00〜20:00
電話 082-271-0870

ーーーーーーーーーーーー
1番の額をご希望の場合は特に連絡は必要ありません。もし連絡のない場合は、1の額装でご了承いただいたものとして出品・額装を進行させていただきます。
上記日程以降の変更はできかねますので、恐れ入りますが、お時間内のご連絡をお願い致します。

メール相談にてご連絡いただいた方には10/14(金)に必ず電話にて確認のご連絡をします。電話がない場合は受信不具合などで内容を確認できていない場合がありますので、改めてお電話ください。

■額の画像はアトリエぱおホームページの「会員様ページ」からご確認ください。
▶︎ http://a-pao.com/wp/kaiin/

第4回「展覧会への道」もお楽しみに!

梶木
posted by ぱお at 16:37| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

展覧会への道 その2 「額選定とトリミング」

FullSizeRender 2.jpg

こんにちは。
台風が去って、一気に涼しくなりましたね。

ご好評いただいております、11月30日の展覧会オープンまでの道のりを追っていくコーナー「展覧会への道」。
第1回の「平面作品総覧会」につづき、第2回は「額選定とトリミング」です。

会員の皆さんから提出してもらい、総覧会で選ばれた作品は約500点。
これらの作品に会う額を1枚1枚選んでいくのが「額選定」です。

作品と額の関係については、人間と服との関係とよく似ています。
その作品の魅力を最大限に引き出すためには、作品に似合う額を選ぶ必要があります。
落ちついて大人っぽい額、子どもらしくてかわいい額、ナチュラルな額、ポップな額、アジアンテイストな額など、多様な額の中から、その作品に一番合う額を選ぶのです。

IMG_0298.JPG

そして大事なのが「トリミング」です。
絵画作品におけるトリミングとは、絵の余白をどうとるか、ということです。
例えば、よく描けているけども紙のはしっこに描いてしまったような絵ってありますよね?
そのままでは間延びした印象ですが、紙の余白を切り取りって真ん中に位置するようにトリミングすれば、よい構図の作品になります。

子どもたちは、視野が狭いため、紙にバランス良く配置することが苦手です。トリミングすることにより、作品の持っている魅力が増すのです。子どもたちを直接指導している講師陣だからこそ、頑張って描いたことをよく知っているので、作品が最も良く見えるようにしてあげたいと思うのです。
余白を1センチ広くするか狭くするかで、絵の印象はずいぶん変わります。

下の画像はトリミング中の画像です。絵に枠を置いて余白の大きさを検討しています。余白が小さすぎると窮屈だけど、広すぎるとさみしく見えます。そのどちらでもない、最適なサイズを探すのです。
その際にマットが役立ちます。マットとは、額と作品の間に挟まれる、窓の開いた色つきの厚紙のことです。
この窓は作品に合わせてミリ単位でカットすることができるので、微妙なトリミングにも対応できます。

IMG_0297.JPG


会員のみなさんのお手元には「額装依頼確認書」というハガキが届いていると思います。
ハガキに書かれている2種類の額は、このようにして選ばせていただいた、その作品に最適なサイズと色の額です。
どちらの額もよく似合う額ですが、みなさんにも選んでいただけるように2点選ばせていただいております。
1番の額に額装であれば、特に連絡の必要はありません。
2番の額に変更、またはお手持ちの額に差し替え、ご自分で額装、など、1番の額に額装以外をご希望の場合は、
10/12、13の額装メール相談日。
10/14の額装電話相談日にご連絡ください。

「展覧会への道」また来週です!

浅原
posted by ぱお at 20:26| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

こどもクラス10月5日(水)のレッスン

こどもクラス水曜日会員のみなさま

本日10月8日(水)は14:00の段階で警報の発令はありませんでしたので、通常通りレッスンを行います。
台風の影響で強風などの可能性もまだありますので、お気をつけてお越しください。
posted by ぱお at 14:23| 広島 ☁| Comment(0) | 会員さんへのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

「日曜ぱお」でハロウィン工作


日曜ぱお5.jpg

こんにちは。
10月になりました。10月といえば、昔は「体育の日」、今は「ハロウィン」。街は日に日にハロウィンムードが高まってきましたね。

というわけで、10月の「日曜ぱお」はハロウィンやっちゃいますよ!

日曜ぱお親子工作 
生かぼちゃと空き瓶で作る「ジャック・オ・ランタン」

そうです。かぼちゃのランタンを作ります。

作るのは2タイプ。
生のかぼちゃをくり抜いて作る「ジャック・オ・ランタン」と、空き瓶を使って作る「かぼちゃランプ」です。

生のかぼちゃは生だけに、ナイフを入れてくり抜くと1週間くらいしか日持ちしません。なので、腐らないランプも作るのです。
生のランタンには日持ちするだけ頑張ってもらって、そのあとは空き瓶のランタンがハロウィンムードを引き継ぎます。

生かぼちゃをくり抜くのにはナイフを使います。オレンジでも緑でも世の東西を問わず、かぼちゃの皮は固く、切るのに・危険をともないますので、デザインは子ども、ナイフはパパ・ママ、種をかき出すのは二人で、というふうに親子で協力して作ってくださいね。

空き瓶は持ち込みです。かぼちゃっぽい瓶を見つけておいてくださいね。選べるように何個か持ってくるのがオススメです。

また、ハロウィンなので仮装での参加大歓迎!
仮装して来てくれた人にはお菓子のプレゼント!
「トリック オア トリート!」と元気に言ってくださいね。

もちろん先生も仮装してお待ちしています。
何にしようか・・・ゾンビもいいけど、ゴーストバスターズもすてがたい・・・

定員に達し次第締め切りますので、お申し込みはお早めに。
日曜ぱおのチラシはこちらです。


浅原
posted by ぱお at 19:50| 広島 ☁| Comment(0) | 日曜ぱお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする