2016年08月02日

日本画入門「板絵のうちわ」

アトリエぱおサマースクール「日本画入門」で板絵に挑戦しました。
レッスンでは絵を描くだけではなく、日本画の歴史や特徴や、日本画特有の技法や絵具の使い方も学びます。
絵具は水干絵具と岩絵具を使います。ふだん使い慣れている水彩絵具やアクリル絵具とはずいぶん勝手が違います。
そして画用紙やキャンバスではなく、板に描く。これもまた、ずいぶん勝手が違います。

モチーフは日本に伝わる「絵手本」から選び、背景には自分で考えた雲を足したり、色をつけたり、いわゆる「絵づくり」も体験できました。
ほとんどの生徒さんにとって、はじめて見る「絵手本」、はじめて自分で作る日本画用の絵具、はじめて描く板絵。
はじめてづくしの緊張感漂うレッスンでした。

にほんが1.jpg

にほんが3.jpg

にほんが4.jpg膠で岩絵具を溶いています。

にほんが5.jpg水干絵具は膠で溶く前に一旦すり潰す作業が必要です。絵具を紙に挟んでビンを転がして潰します。

日本画入門「板絵のうちわ」は8/4と8/23に講座があります。
詳しくはこちらhttp://a-pao.com/wp/u-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%94%BB%E5%85%A5%E9%96%80%E3%80%8C%E6%9D%BF%E7%B5%B5%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%8F%E3%80%8D/
posted by ぱお at 14:38| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。