2017年02月22日

ピアノレッスン日記 今春の発表会は・・・

ピアノクラスは年に一度発表会を開きます。
演奏者も聴衆のみなさまも、会場に集うみなさんに楽しんでいただきたいので、選曲や構成をじっくり考えます。

ことしはピアノ以外の楽器の演奏を生徒さんに聞かせたいと思い、フルート奏者に賛助出演をお願いしました。
フルートは、打楽器の仲間のピアノと違って、息で演奏する楽器です。生演奏を聴くことで「息を使うこと」「うたうように演奏すること」を生徒のみなさんに感じてもらいたいと考えています。

発表会ではサンサーンスの『動物の謝肉祭』から「水族館」「鳥かご」「白鳥」をフルートとピアノで演奏し、「終曲」ではピアノ連弾にピッコロが加わります。

フルート奏者はどんなふうに吹くのか、ピアノとフルートでどのように音楽をつくっていくのか。
「合奏」にはひとりではなく協力して音楽を作り上げていく楽しみがあります。
ひとりでピアノパートを練習するときも、フルートの音色と息遣いを感じ想像しながら練習しています。

みなさまにいい演奏をお聞かせできるように練習をがんばります!
そしてことしの発表会では、『ピアノ連弾』と『動物の謝肉祭』のコーナーで曲に合わせて絵を描きおろしてもらいスライドショーをお見せします。こちらもどうぞお楽しみに。

発表会は2017年4月9日 カワイ広島コンサートサロンPace
フルートは本廣芳美さん。
そしてイラストは、アトリエぱお講師でありイラストレーターであり陶芸家でもある溝尻奏子です。









posted by ぱお at 18:03| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。