2017年03月07日

アトリエぱおこどもクラスの陶芸レッスン

こんにちは。

アトリエぱおこどもクラスでは、ただいま陶芸カードスタンド作りに取り組んでいます。
今回は、宇品教室土曜クラスでのレッスンの様子をレポートします。

陶芸1.jpg

制作する前に陶芸についてお話し。人間が土を使ってものづくりをした歴史はとても古く、日本最古の縄文土器は1万2千年前に作られたのです。
粘土をいじってると落ち着いたり、楽しかったりするのは、私たちのDNAに刷り込まれているんでしょうね。

陶芸2.jpg

作り始める前に、作品のイメージをスケッチします。いろいろと描いていくうちに、考えていなかった裏側や側面のイメージも明確になり、また描いたものを見てさらにイメージが膨らんだりします。

陶芸5.jpg

しっかりとイメージができたら、粘土を使って制作です。
細い部品や薄い部品は折れたり割れたりしやすいので、デザインに工夫が必要です。
また、陶芸は粘土の中に空気が入ると、焼成時に爆発することもあります。制作時にも注意して作らなければなりません。

陶芸4.jpg

そして完成。
作品はこの後2週間ほど乾燥させてから窯で焼きあげます。
どんなふうに焼きあがるかはお楽しみです。

★画像提供していただきましたNさん、ありがとうございました。

浅原
posted by ぱお at 13:52| 広島 ☀| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。