2018年09月19日

ピアノレッスン日記 198

ピアノクラスの溝尻です。
きょうは嬉しいことがあったので、ひさしぶりにピアノクラスの話題を。

生徒のAちゃんはからだが小さく、そしていろいろな症状があり、
ピアノの歩みはとってもゆっくりです。
おうちではお父さんもお母さんも練習に協力してくださり、
音符を覚えたり、
お母さんのピアノに合わせて歌ったり、
拍子感をつけるために3拍子や4拍子の「指揮」や「手遊び」をしたり、
いろんなアプローチで親子で音楽を楽しんでいます。

12月のピアノクラス発表会で、Aちゃんのお母さんが連弾で出演することになりました。
パートナーはわたし。
お母さんもピアノを楽しんでいるんだよと伝えたくて、
練習に励んでいるお母さん。

きょうは初めての合わせの日。

それがね、
すごく素敵に弾けたのです。
Aちゃんのお母さんはとても歌心があり、わたしもとっても気持ち良く演奏できました。

そしてそして、

演奏をじっと聞いていたAちゃんが、
弾き終わった後に、
ぱーっと満面の笑顔になったのです。

その笑顔をみて、しみじみと、とっても幸せな気持ちになりました。

音楽って、いいですね!

ピアノクラス 溝尻雅子




posted by ぱお at 10:00| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

ピアノクラスの、卒業式

きょうは、幼稚園から高校3年生まで14年間ピアノクラスに通ったわかこさんの、ピアノクラスの卒業式でした。
彼女が最後のレッスン曲に選んだのは、ショパンのノクターン。
たったひとりの聴衆であるお母様のまえで、しっとりと演奏できました。

わかこさんがはじめてレッスンに来たとき。
とっても小さくて足台に足が届かなかったので、彼女のためにさらに高い足台を購入。
年1回の発表会はすべてに出演し、中学生になってからはわたしのサポート役も務めてくれました。

中学・高校は部活(体育会系!)が忙しく練習もままなりませんでしたが、レッスンをつづけ、音楽が大好きなお姉さんに成長。
希望の大学に合格してこの春から東京での新しい生活が始まります。

東京にはたくさんの音楽CDとコンポを持っていくとのこと。
それで、合格祝いと卒業祝いにCDをプレゼントしました。

1枚は、わたしがちょうど彼女の頃に大好きでレコードを擦り切れるくらい聴いた、ラフマニノフの「幻想的絵画」

もう1枚は、仲道デュオの、CDタイトルは「愛の挨拶」
これは2台ピアノのために編曲された曲集「エンジョイ! ピアノデュオ」のCD版。
数年前のピアノクラスの発表会は2台ピアノの発表会で、この曲集の中から数曲を演奏した思い出深いもの。
そしてこの中の「ロンドンデリーの歌」はわたしのとても好きな曲。

わたしの大好きな曲を、東京で聴いてね。
音楽が好きの気持ちを、いつまでも持ち続けてね。

溝尻雅子



posted by ぱお at 23:56| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

広島市ピースアートプログラム アート・ルネッサンス2018 始まりました!


本展はアトリエぱおも協力しています。

全国から集まった588作品から審査を経た122作品が展示されています。

また特別出展として、福岡県で創作活動やオリジナルグッズの販売、企業とのコラボ企画など幅広い取り組みを行っている「工房まる」の作品展示もあります。

素材や表現方法も異なる個性豊かな作品たちをご覧ください。

会期 2/10〜2/18 11:00〜19:00(最終日は18:30まで)
会場 合人社ウェンディひと・まちプラザ 北棟4Fギャラリー(広島市中区袋町6-36)

z.jpg  x.jpg

posted by ぱお at 22:47| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ピアノレッスン日記 196


ピアノクラスの溝尻です。毎日とっても寒いですね。
レッスン室には音楽書籍も置いてあります。なかでも人気なのはこのシリーズ。


4055012365.jpg

第1巻 歌や演奏を楽しむ
第2巻 いろいろな楽器を知る
第3巻 音楽家に親しむ
第4巻 名曲を感じる

このシリーズのキャッチコピーはこちら

【学校の音楽の授業が100倍面白くなる!
音楽をもっと楽しく、身近に感じてもらうために、イラストや図解で基本的な知識から分かりやすく解説しています。音楽の授業が苦手な人も、好きな人も、ぜひこの本を手にとって、音楽ともっと仲良くなりましょう!】

誌面のQRコードから音や曲が聴ける優れもの。

生徒さんは、レッスンの待ち時間やレッスンが終わってから、興味のあるページを読んでいます。
音楽が身近に感じられて、いいですね!
--------
「音楽がもっと好きになる本」
発行 学研プラス
編集協力 アルク出版企画

続きを読む
posted by ぱお at 18:15| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

兵庫県朝来市でワークショップ

兵庫県朝来市の中学校で、アトリエぱおのオリジナル教材「段ボールの小さな家」のワークショップを実施しました。それぞれに思い思いの作品ができましたよ。
みんなのこのエネルギーで、朝来を、兵庫を、日本の未来を、輝かせてください!

加藤宇章

1.jpg

2.jpg  朝来市のシンボル、竹田城

4.jpg 3.jpg


posted by ぱお at 22:56| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ピアノレッスン日記195

ピアノクラスの溝尻です。毎日寒いですね。
レッスン中のこと。生徒さんから質問。「ピアノの中の、これをたたいたら、音は出るの?」
「これ」とは、ピアノののことです。
出るかどうか、実験してみよう。
ピアノの屋根を開けて、木琴のマレットでを叩いてみると、
音が出ます!
ふだんやらない(できない)ことができると、盛り上がる盛り上がる。

2018012917340000.jpg

音は出るけど、ピアノの鍵盤をおさえたときのようなきれいな音は出ないね。
では、ピアノの音はどうやって出るんだろう?

鍵盤をおさえると、の下からハンマーが出てくるよ!

ピアノの音が出る仕組みを知ることも、体験してみることも、たいせつなことですね。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 22:21| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

ピアノレッスン日記 194

こんにちは ピアノクラスの溝尻です。ひさしぶりにピアノクラスの話題を。
本日のブログの主人公は高校3年生の生徒さん。
彼女がピアノを始めたのは幼稚園年中さんのとき。
とってもちっちゃくて園児さん用の足台に足が届かなくて、彼女のためにより高い足台を購入したことがありました。椅子にもまさに「よじ登る」感じでちょこんと座っていましたね。
器用に弾きこなすタイプではなく、小学生の頃は目に見えて上達することはありませんでした。
しかし地道な努力が実を結び、中学生になってからぐんと上達。
高校生になってからの発表会ではわたしの手足のようにさまざまにサポートしてくれて、すてきにソロ演奏を聴かせてくれて、小さい生徒さんとお母様にとっての憧れのお姉さんに成長。 
高校3年の夏から受験勉強のためにしばらくレッスンを休んでいましたが、指定校推薦入試で志望大学の法学部に合格! 
春からの東京での大学生活に希望いっぱいの彼女は、3月のピアノクラス卒業までにショパンのノクターンを完成させることを目標に、12月からピアノレッスンを再開し毎週レッスンに通ってきています。

彼女は幼稚園のときから毎年発表会に出演を続けてきました。
今年の発表会は12月の予定。残念ながらその発表会に出演はかないませんが、「冬休みなので帰省して発表会を手伝いますよ」と嬉しいことを言ってくれます。
いっしょにピアノを弾けるのはあと数回。とてもさみしい気持ちになりますが、残りのレッスンを大切に過ごしたいと思います。


ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 00:12| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

2015年に広島の子どもたちが描いた「キッズゲルニカ」がウクライナで展示されました

ゲルニカ1.jpg

2015年にアトリエぱおでも取り組んだ「キッズゲルニカひろしま」の作品の一つが、ウクライナの街に展示されました。
ウクライナの皆さん、ありがとう!
制作とコーディネイトに関わった皆さん、ありがとう!

ゲルニカ2.jpg   ゲルニカ3.jpg  ゲルニカ5.jpg 
posted by ぱお at 09:16| 広島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

日曜ぱお☆ハロウィンガーランドライト☆

すみなさんこんにちは〜〜☆
帽子の先生こと、刀川です☆

最近少しずつ寒くなってきましたね〜〜^ - ^
秋の訪れを感じる日々ですね^ - ^

今日は日曜ぱお・ハロウィンガーランドライトをつくりました^ - ^
ハロウィンは大人気のイベントなので、たくさんの参加者のみなさんが工作を楽しんでくださいました☆

カボチャやオバケやコウモリ、魔女など、波段ボールで作った人形がLEDライトによって怪しげに光ります✨

B1102776-157E-47A0-8B2F-8230BF6BB680.jpg

1A225797-0330-4B12-B394-AE43C85443D2.jpg

F95DA21B-CF06-4210-ADEA-86B1D0983606.jpg

これでハロウィンの飾り付けはバッチリですね!

部屋を暗くすると作品が怪しく光り出します^ - ^

A86E6F98-2F63-4447-BFB3-292C86E5BDE6.jpg1287F084-10F5-4D62-81AB-3C7E135B2994.jpg

親子ペアで協力して制作した作品なので、素敵な秋の思い出の1ページになると良いですね^ - ^!

8FF869A7-47B8-410F-8F49-36A1CE914985.jpg

ぱおのドラキュラ伯爵こと、刀川でした☆笑

たちかわ☆


posted by ぱお at 17:24| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ピアノレッスン日記 今春の発表会は・・・

ピアノクラスは年に一度発表会を開きます。
演奏者も聴衆のみなさまも、会場に集うみなさんに楽しんでいただきたいので、選曲や構成をじっくり考えます。

ことしはピアノ以外の楽器の演奏を生徒さんに聞かせたいと思い、フルート奏者に賛助出演をお願いしました。
フルートは、打楽器の仲間のピアノと違って、息で演奏する楽器です。生演奏を聴くことで「息を使うこと」「うたうように演奏すること」を生徒のみなさんに感じてもらいたいと考えています。

発表会ではサンサーンスの『動物の謝肉祭』から「水族館」「鳥かご」「白鳥」をフルートとピアノで演奏し、「終曲」ではピアノ連弾にピッコロが加わります。

フルート奏者はどんなふうに吹くのか、ピアノとフルートでどのように音楽をつくっていくのか。
「合奏」にはひとりではなく協力して音楽を作り上げていく楽しみがあります。
ひとりでピアノパートを練習するときも、フルートの音色と息遣いを感じ想像しながら練習しています。

みなさまにいい演奏をお聞かせできるように練習をがんばります!
そしてことしの発表会では、『ピアノ連弾』と『動物の謝肉祭』のコーナーで曲に合わせて絵を描きおろしてもらいスライドショーをお見せします。こちらもどうぞお楽しみに。

発表会は2017年4月9日 カワイ広島コンサートサロンPace
フルートは本廣芳美さん。
そしてイラストは、アトリエぱお講師でありイラストレーターであり陶芸家でもある溝尻奏子です。









posted by ぱお at 18:03| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ピアノレッスン日記 合唱伴奏編

ピアノクラスの元会員のお母様から連絡をいただきました。

---中学校の卒業式でピアノを弾くことになりました。今、自己流で練習していますが、限界があるようです。
いちど見ていただけませんか? ---

わぁ、うれしい。どうぞどうぞいらしてください、ということで速攻レッスン開始。
4年ぶりのレッスン。
曲目は「旅立ちの日に」。卒業式でよく歌われる合唱曲ですね。心が温かくなる素敵な曲です。

まず一通り弾いてもらいました。
この曲は前奏と間奏と後奏(この部分は歌はなく、ピアノ伴奏のみ)がとてもきれい。
主役のメロディラインと、それを支える脇役のラインと、伴奏の3層構造。
この3層を、右手左手の2本の手、10本の指できれいに弾き分けることが必要ですが、彼女の演奏は弾き分けまでできていないので曲の魅力が半減、どころか、何を弾いているのかわからない状態。これは少々難関。
来週から合唱と合わせるとのことで、この難関部分は後回しにして、歌と合わせる部分から練習開始。
和音の種類はたくさんはないので、少しコツをつかむといい感じになりそう。
もっと指の動きがスムーズになってくると、リズミカルに弾けそうです。

ここまでレッスン所要時間40分。

さぁ、次は前奏。
曲の3層構造を説明し、弾き分けの練習。立体的な演奏を目指そう!
頭では分かっていてもなかなかそれを演奏で表現することは難しい。
まだまだ練習が必要です。
でも、大丈夫。本番の卒業式までは1か月あるし、すでに公立高校に合格の内定をもらっているので練習漬けの毎日を送れるから、本番でばっちり決めてご両親を号泣させちゃおう。

今週もう一度レッスンに来る約束をし、70分のレッスン終了。
久しぶりのレッスンで、緊張と、うまく脱力ができないのとで終了時には腕が疲れてパンパンになっちゃったとか。
次はもっとリラックスして弾けるよ!

ところで、このレッスンでわたしは、彼女の前でこの曲を何度か演奏しました。レッスン時の著作権料・演奏権料が巷の話題になっていますが、この演奏にも演奏権料が発生するのでしょうかね、疑問に思う次第です。

ピアノクラス 溝尻雅子



posted by ぱお at 16:28| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

「広島市立大学芸術学部卒業修了作品展」鑑賞ツアーを開催します

広島で最も身近で人気の美大といえば広島市立大学芸術学部。
アトリエぱおからもたくさんの人たちが進学していますし、ぱお講師陣には広島市大出身者が多数います。
卒業修了制作展は、広島市立大学生の4年間または6年間の集大成の作品発表の場です。
美大ではどういう作品を制作するの?
美大生ってどんな人たち?
広島市立大学や広い意味で美大を知るこの上ない機会です。
アトリエぱおOBOGやこどもクラスレッスンアシスタント、アトリエぱお代表加藤の市大での教え子など広島市大生の作者本人による解説も交えて、参加者の未来の姿を重ねながら作品を鑑賞します。
ぱおをずっと続けていれば、自然に目の前に現れる美大や藝大。そんなに遠い存在ではありません。
ちょっと覗いてみませんか?

展示会場は3会場
*広島市立大学(広島市安佐南区大塚東)
*合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町)
*旧日本銀行広島支店(広島市中区袋町)
ぱおの鑑賞ツアーでは3会場全部参加でもどれかひとつでも可能です。

鑑賞ツアー開催日は2/11 詳細はこちらをご覧ください。http://a-pao.com/wp/wp-content/uploads/2017.2%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

卒展の詳細はこちらから http://sotsuten.art.hiroshima-cu.ac.jp/2017/

201702sotsuten.jpg
posted by ぱお at 00:04| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ピアノレッスン日記 クリスマス会の巻

ピアノクラスでクリスマス会をひらきました。
学校やレッスン曜日が違うと、生徒さん同士で触れ合う機会があまりありません。
年に1回の発表会で顔を合わせるだけでは寂しいので、
レッスン曜日を調整して生徒さん同士の連弾や合奏の練習をしたり、
夏休みや冬休みにはレッスン室でおさらい会やクリスマス会をひらいてみんなで集まったりしています。

レッスン室はぎゅうぎゅうづめ。
すぐ目の前でお友達が聴いているので緊張感マックス!
でもみんな本番に強いね。どの子も落ち着いて演奏してくれました。

ひとりずつ演奏した後は、じゃんけんで2チームに分かれてミュージックベルで「ジングルベル」と「きらきらぼし」の練習&発表。
それからお楽しみのプレゼント交換とおやつタイム。手作りクッキーの差し入れも嬉しい。
ゲームをしたり、ストローで笛を作ったり、公園で遊んだり。初めて会った生徒さん同士もすぐに仲良くなってくれてお母さんたちとはおしゃべりに花が咲き、楽しい一日でした。
来春の発表会も、みんなで和気あいあいとやりましょうね。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 09:26| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ピアノレッスン日記〜ふたりのピアノ〜

ピアノクラスの溝尻です。すごくひさしぶりの投稿です。
作曲家・内田勝人が小さなピアニストのためにのこしたピアノ連弾曲集『ふたりのピアノ』
子どものパートは片手5本の指で弾ける音域と音の少なさでありながら「歌」を感じさせる美しいメロディ。
おとなのパートはそれを包み込むような優しく味わい深い響き。
どの曲も子どもたちの好きな世界が広がっていて、作曲家の子どもへのあたたかな眼差しを感じます。

ピアノを習いたての生徒さんでも易しく弾くことができて、しかも美しい音の世界を感じ取ることのできるこの曲集はふだんのレッスンでよくとりあげます。

曲集の中の「さらさら きらきら」を弾いていた1年生のRちゃん。
弾き終わった後に、ぽつりと一言。

ここに、この音があったらいいね、きらきらする。

それは、曲の一番最後。子どものパートは音がなく、おとなのパートの音を聞いて音楽の余韻にひたっているところ。
そこに、高い「ド」の音があったらいいね、という感想。
Rちゃんの提案のように「ド」の音を弾いてみたら、
ほんと、素敵なんです。
きらきらっと輝いているみたい。

曲を弾きながらイメージをふくらませることってとても素敵。そして、きっと大切なこと。
ピアノレッスンで、子どもたちの感性も育みたいと思ったできごとでした。

ピアノクラス 溝尻雅子


posted by ぱお at 22:19| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

展覧会への道 その8 展示計画編

FullSizeRender.jpg

アトリエぱおの仲間たち展2016 
会場図面を元に展示計画をすすめています。

鑑賞しやすい導線をいかに作り、千数百点の作品をどのように展示するか。
思案の日々です。
(じつは、すっごく大変なんです、ここだけのハナシ。でも、これがまた楽しいんです。)

アトリエぱお 加藤宇章

posted by ぱお at 08:48| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

展覧会への道 その7 藝大美大受験科編

アトリエぱお藝大美大受験科の学生たちは「アトリエぱおの仲間たち展」の出品にむけて、
いつもの受験対策の課題から離れ、それぞれの視点と方法で自己表現としての作品に取り組んでいます。

b.jpg

v.jpg
posted by ぱお at 21:09| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

中原晶大さん 作品展のお知らせ

アトリエぱおおとなクラス会員の中原晶大さんの二人展 始まりました。
連休は、秋の宮島へ!

「仏画と器」二人展 (谷口宏斎さんと中原晶大さんによる陶器と仏画の作品展)
2016年9月15日〜20日 10時〜18時(最終日17時まで)
ぎゃらりぃ宮郷 (町家通り 廿日市市宮島町幸町東表476 0829-44-2608)

中原2.jpg

中原3.jpg

中原1.jpg

中原案内.jpg

https://www.facebook.com/miyazato.gallery.miyajima
posted by ぱお at 18:09| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

ピアノクラス発表会 なごやかに開催しました。

ピアノクラス発表会 なごやかに開催しました。 イラスト溝尻奏子
x.jpg

ことしの発表会のテーマは「音楽を見る」
目には見えないものから情景が思い浮かんだら素敵。そんな思いから選曲し、楽曲や作曲家の解説も加えました。音楽って楽しいな、素敵だなと感じてもらえたらうれしいです。

v.jpg
  親子で連弾

n.jpg
  ピアノソロ

c.jpg
  ピアノソロ

b.jpg
  ピアノソロ

k.jpg
  連弾

z.jpg
  1台のピアノを10人で演奏

m.jpg
  先生のピアノソロ

l.jpg
posted by ぱお at 07:44| 広島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

ピアノ教室の窯 焼成中

ピアノクラスの溝尻です こんにちは。
きょうはとてもいい天気! 春の陽気ですね。
己斐ピアノ教室には陶芸用の窯が2基あります。きょうはそのうちのひとつ、通称「大窯」で陶芸作品を焼成しています。
15時間近くかけて窯の中の温度を1230度まで上げます。その間、私はずーっと窯場にいます。
窯場で何をしているかというと。

燃え盛る火の中に薪をどんどん投げ入れ!

ではありません。
電気窯なので直火ではなく、温度管理もコンピューター。スイッチを入れればあとは全部窯がやってくれます。
私の役目は
1 スイッチを入れること
2 万が一の不測の事態に備えて窯場で待機しておくこと
これだけ。
窯場とレッスン室は同じ敷地内にあるのでピアノを練習しながらときどき窯の様子を見に行きます。
きれいに焼けるといいな。
この中には、おとなクラスの会員さんが制作された作品と、ジュニアクラスのみなさんが制作したカレー皿が入っています。
ジュニアクラスのみんな! 春休みには自作の器でおいしいカレーが食べられるよ。
posted by ぱお at 11:39| 広島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

レッスン室のピアノ 調整中

レッスン室のピアノ
ダンパー(鍵盤から手を離した瞬間に音が消えるようにするための仕組み。鍵盤から指を離すと弦の上からダンパーフェルトが当たって弦の振動を止めます。)に不具合が出て演奏に支障があるため調律師さんが調整に駆けつけてくれました。

調整するため、ピアノのアクション部分を取り外します。

z.jpg

ピアノの内部をふだんなかなか見ることができないので、この機会に観察。
きれいですねぇ。ピアノの構造。

調律師さんは指先の感覚を頼りにダンパーを調整していきます。
x.jpg

「楽器解体全書」というウェブサイトがあります。楽器の構造がわかりおもしろいですよ。
興味のある方はこちら→http://www.yamaha.co.jp/plus/?ln=ja
posted by ぱお at 15:32| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

展覧会鑑賞会 「最後の印象派展」に行きました

p.jpg

アトリエぱお造形教育研究所の展覧会鑑賞会

ひろしま美術館で開催中の「最後の印象派展」を訪ねました。
小学6年生から80歳まで21名の参加。
特別展とコレクション展をじっくり鑑賞しました。
(写真は学芸員さんの解説を受けているところ)
posted by ぱお at 19:50| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

ピアノレッスン日記「卒業式」

ピアノクラスのゆうかさんの「卒業式」だった。
ゆうかさんは小学生時代から8年間ピアノクラスに通った。
中学生になって部活が忙しくなり、それでもピアノを弾くことが好きで通い続けたが、このたび部長を任されることになり時間も気持ちもいっぱいいっぱい。来月の発表会で披露する予定の曲もほぼ仕上がっていたのだけど、2月でピアノクラスを卒業することに。
最後だから、おうちの人に演奏を聴いてもらおう! と、ご家族を招いて彼女だけのミニコンサートを開いた。

ゆうかさんはメロディを歌わせるように丁寧に優しく弾くので、発表会用に選んだ曲はソロ曲がメンデルスゾーン、連弾曲が「ショパンのノクターン〜愛の挨拶〜愛の夢」のメドレー。
ゆうかさんとは長年レッスンで連弾を弾いてきたので、合図を送らなくてもお互いの呼吸で合わせることができる。
この幸せな時間。終わらないでほしいと思いながら弾いた。
これらの美しい曲、弾きながら涙腺がゆるみっぱなし。
最後は演奏者も聴衆も、涙でぐずぐず。

ゆうかさんは部活で音楽を続けていく。
ピアノ大好き、音楽大好きの気持ちをずっと持ち続けてほしいと願う。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 09:28| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

広島市立大学芸術学部の卒業作品展に行きました

i.jpg

本日は広島市立大学芸術学部の卒業作品展ツアーです!
大学生による解説も交えて、作品を鑑賞しましたよ!
作者からのお話も聞けて、どうやって作ったのか、どんなところが大変だったか、どんなことに興味をもって作品をつくっているかなどを作品を通して聞くことができました。

u.jpg

p.jpg

o.jpg
posted by ぱお at 20:59| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ピアノレッスン日記 「うたう」ということ

この曲を弾けるようになりたい! その一心でピアノクラスの「一曲完成コース」に通っている方がおられます。
ピアノはまったくの初心者。
楽譜の読み方も小学校時代の遠い記憶をたどる状態。
まず楽譜の読み方の基本をレクチャー。
そして音符を読めるようになることはあきらめて「ド、レ、ミ・・」を楽譜にかきこみ、レッスン開始。
右手のメロディは数日で弾けるようになりました。
問題は左手。これもがんばってクリア。
もっと問題は両手を一緒に弾くこと。これは難易度が高い。
初めのうちは全身に力が入っていました。もっと力をぬいて!
レッスンを繰り返すうちにじょうずになってきました。だいたい間違えずに弾けます。
すごい進歩。でも、これで完成じゃない。

本日のレッスンは、最高難度の「うたう」ということ。
音楽は「歌」ですから、ピアノも「うたうように」弾くことが肝心。

心をこめて、うたうように、ていねいに弾こう。大切な人にプレゼントする気持ちで弾こう。

そうやって何度も繰り返すうち、いい演奏になってきたのです!
大切に弾いているその気持ちが伝わってきます。すごいすごい。気持ちって伝わるんですね。
感動の、レッスンでした。

ピアノクラス 溝尻雅子


posted by ぱお at 00:17| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

ピアノレッスン日記 親子連弾編

ピアノクラスの溝尻です お久しぶりです。
来月にせまったピアノクラスの発表会。
Mさん一家はお子さん二人とお母さんとで6手連弾に挑戦です。

曲目は「ドレミの歌」
低音を担当するのはお母さん。
譜面上はとても簡単そうだけど、もっとも重要なパートです。
音がぶつ切りにならないように、ボン ボン ボン ボンと軽快に音楽をひっぱっていく牽引役。
言葉で言うのは簡単なんだけどなかなか難しい。

真ん中のパートのお姉さんは主にメロディを担当。
音楽は「歌」だからね。四角くならないように、まるくやさしく指の力をぬいて。
メロディではないところは少し弱く、メロディをひきたたせるように弾く。

上のパートは妹さん。
主にメロディの装飾役。メロディを邪魔しないように、でも、存在感のあるクリアな音で弾かなくちゃ。

自分の持ち場をしっかり担当しながら、相手の音をよく聴く。
「私が私が」という弾き方をしてしまうと、何やってるのかさっぱりわからない音楽になってしまう。
連弾は奥が深いんです。

いい演奏を披露できるように、きっと今日もおうちで練習をがんばっていると思いますよ。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 08:58| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

おサル焼けました!!

こんにちは
去年の冬のワークショップのサルの置物が焼き上がりました

image1.JPG
にっこり笑顔のおサルさん

image3.JPG
剣を持ちヒゲをはやしたおサル戦士もいます(^^)

image2.JPG
みんな顔の表情や仕草が違ってかわいいですね
それぞれレッスンでお渡ししますので、楽しみにお待ち下さい!
posted by ぱお at 15:27| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

展覧会鑑賞ツアーにいきました!!

4.jpg

本日は「北斎の富士〜冨嶽三十六景と富嶽百景〜」展(於 広島県立美術館)鑑賞ツアーの日。
アトリエぱおの会員さんやご家族の方と鑑賞しました。
鑑賞に先立ち県立美術館学芸員の方から解説をしていただき、その知識と、アトリエぱお作成の「鑑賞ツアーみどころポイントシート」をもっていざ会場へ!
子どもも大人もぱおの先生も、じっくりじっくり鑑賞し堪能しました!!
展覧会では作品を鑑賞することが第一の目的ですが、作品の鑑賞を通して『華やかな色合いが好き』 『やわらかい線が好き』など、自分の好みに気付くことがあります。それまで気付いていなかった「自分」を知ることもあります。
一緒に行った家族の好みが自分と同じだったり違っていたり、そういうことに気付くこともあります。そういう発見もありますよ。
またお子さんにとっては、公共の場でのふるまい(しずかに鑑賞する、作品に触らない など)を体験し実践する好機でもあります。
ぱおではこれからもどんどん鑑賞ツアーを企画します。みなさんも、ぜひ、ポジティブに、ご参加ください!!

北斎の富士展 担当学芸員山下さん プロジェクターを使って作品の事例を挙げながらわかりやすく解説していただきました。
2.jpg

5.jpg

じっくり鑑賞した後のおたのしみ!
特別展示 石上和弘≪裾野を歩く 山腹に寝転がる≫
すべったり寝転がったり山頂に立ったり、木材の感触や香りを全身で楽しみます。
3.jpg
posted by ぱお at 16:14| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

こどもクラス プログラム会議


あ.jpg
白熱教室@アトリエぱお

2016年度アトリエぱお年間テーマやこどもクラスのレッスンプログラムについて
アトリエぱお こどもクラス講師陣の白熱した議論が続きます。

いろんなアイデアが出てきます! 
テンションがどんどん上がります!!
どんどん加速してたくさんのアイデアが湧きあがります!!!
全部採り上げるのは大変だぁ。

これからクールにブラッシュアップします。

2016年も アトリエぱおに 乞うご期待!!


posted by ぱお at 20:22| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

ピアノクラスはクリスマス会♪

ピアノクラスの溝尻です。こんにちは。
12/24はピアノクラスのクリスマス会でした。
レッスン室でおさらい会やクリスマス会をするときは、自分で名前と曲名を言います。これも大切な「発表」だから。
お辞儀もていねいにきちんとします。聞いてくれる人への感謝の気持ちをあらわすものだから。

ミュージシャンのクニ河内が五味太郎の絵本「クリスマスにはおくりもの」に素敵な曲をつけていて、この曲の演奏からクリスマス会はスタート。
絵本をお母さんに持っていただき、わたしが演奏。ピアノを弾きながらお話も読むのでときどき口がもつれちゃう、これもご愛嬌です。
それから生徒さん一人一人の演奏。
レッスン室では客席がとっても近い。みんな緊張するね。
最後はわたしの演奏でクリスマスメドレー。みんなへのプレゼントです!

みんなの演奏が終わったら、ケーキとジュースで乾杯。
お母さんたちとおしゃべりしたり、生徒さんと連弾したり歌をうたったり。
たのしいひと時でした。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 08:15| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

展覧会 間もなくですよ!

a.jpg

みなさまこんにちは。広島はあいにくの雨。でも。
中区アステールプラザはいま、アツイ! アトリエぱおの仲間たち展の展示作業真っ最中です!!
f.jpg

e.jpg

b.jpg

d.jpg

今年も、会員のみなさま、保護者のみなさまのお力添えをいただき、着々と展示作業が続きます。
11/19 14時オープンです。みなさまどうぞお越しください!
https://www.facebook.com/events/421322521405398/

【アトリエぱおの仲間たち展2015】
会場 広島市中区加古町 アステールプラザ1階市民ギャラリー
会期 2015年11月19日〜11月23日
   19日14:00〜18:30、20日10:00〜20:00、21日・22日10:00〜18:30、
   23日10:00〜16:00
入場無料
後援 広島市・広島市教育委員会
posted by ぱお at 15:29| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ピアノレッスン日記 183

「せんせいのゆび、ちっちゃ! わたしとおんなじ」
ピアノレッスン歴5か月・小学校1年生Aちゃん、わたしの指をみて感嘆! 
そうなんです。わたしはとくに親指と小指が短いので、オクターブ(ドからその上のドまで)をつかむのがやっと。
よいこらしょ、と指を目いっぱい広げると9度(オクターブ+1音分)がやっと届くかなという程度。
前回の発表会で「リストの小指はわたしの中指よりも長かった」という話を披露したところ、みなさまから驚きの声が!

Aちゃんは関節がしなやかなので小1にしてオクターブが届く。うらやましいかぎり。
そして何より練習熱心なのでレッスン歴5か月にしてそこそこ複雑な曲も弾けるようになってきた。うれしいかぎり。
おかあさんもいっしょにレッスンしていて、親子連弾も楽しんでいます。

Aちゃんは遠方から通ってきているのでレッスン後に帰宅すると、きっと【おなかすいた・ねむい・つかれた】の三重苦でしょう。
でもね、少しでもいいからレッスンでやったことをその日のうちに練習しておこう、と約束。
何事もそうですが、復習はその日のうちにやるほうが効果があります。
そして、練習をがんばってもどうしてもできないことは無理しなくてもいいから、そのことをレッスンのときに伝えてくれればよいから、とお母さんとAちゃんに説明。
初歩のうちは特に、うまくいかないことにあまりこだわらなくてもよいとわたしは思います。
その原因を探ったり、別のやりかたで練習したり、ほかのことを練習してからそれに取り組んだり、アプローチの方法はいくらでもあるんです。ここは指導者の工夫のしどころです。

こどもたちはどんどん成長していくのでレッスンをしているとホントに楽しいです。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 12:36| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

触れて 感じて 楽しんで 創造の夏 アトリエぱおのサマースクール

a.jpg
おはようございます!
一般のみなさまお待たせいたしました。
本日よりアトリエぱおサマースクール 受付開始です。

充実の22プログラム 150クラスをご用意してみなさまのご参加をお待ちしております。
創造の夏! いっしょに楽しみましょう。

http://a-pao.com/wp/summer/
posted by ぱお at 07:48| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

ピアノレッスン日記 合唱伴奏編その2

こんにちは ピアノクラスの溝尻です。
ピアノクラスの生徒は中学や高校で伴奏を任されることが多く、レッスンでよくとりあげます。
Kさんが練習しているのは、合唱曲「信じる」 (谷川俊太郎・作詩 松下耕・作曲)
中学校や高等学校で広く歌われているこの曲はわたしの好きな曲の一つ。
ピアノの出だしのメロディがとても美しい。 そして、谷川俊太郎の詩。

歌の伴奏なので、歌詞をよく味わい歌詞を大切に弾くようにと指導します。
だからレッスンの始まりは歌詞の勉強から。
生徒と詩を読み、思ったことを話し合います。
平和ってなんだろうね? なんでイジメがあるんかね? 戦争はどうしてなくならないのかね? 

友達のこと、学校の試験のこと、いろんな話がでてきます。
世界に目を向けると、世界中にはいろんな困難に直面している子がたくさんいて、働かなくてはいけないので学校に行けなかったり、紛争地域で命の危険にさらされていたり、子ども兵士にさせられたり、厳しい状況下で生きている子がたくさんいることへと話が広がります。

この曲を歌うみんながメロディの美しさを味わい、そして「信じること」について考えてほしいと願います。

引用が長くなりますが、谷川俊太郎の詩と、彼がある絵本の後書きに寄せた文章を以下に。
* * *

「信じる」 谷川俊太郎

笑うときには大口あけて
おこるときには本気でおこる
自分にうそがつけない私
そんな私を私は信じる
信じることに理由はいらない

地雷をふんで足をなくした
子どもの写真目をそらさずに
黙って涙を流したあなた
そんなあなたを私は信じる
信じることでよみがえるいのち

葉末の露がきらめく朝に
何をみつめる子鹿のひとみ
すべてのものが日々新しい
そんな世界を私は信じる
信じることは生きるみなもと
* * *

これは2004年の作詩。
同年に出版された絵本「おにいちゃん、死んじゃった-イラクのこどもたちとせんそう」という書名の、イラクの子どもたちが描いた絵に谷川の詩をつける形で出版された絵本の後書きに、谷川俊太郎は以下のように書いています。

【抜粋】
「理由もなく、戦争するのはいいことだ、どんどん戦争をしようと考えているひとはいないと思う。でも、正しい理由があれば戦争をしてもいいと考えているひとは多い。相手をやっつけなければ、こっちがやっつけられてしまうから、したくないけど戦争をしているというわけだ。ぼくら人間はおおむかしからそうやって戦争をしてきた。戦争はいやだ、戦争はしたくないと思いながら。

どうしてだろう? それは人のこころの中に、平和がないからだとぼくは思う。平和をじぶんの外につくるものだと考えると、平和をめざして戦争をするということにもなる。じぶんのこころを平和にするのはむずかしい。でも、まず始めにこう考えてみてはどうだろう? 戦争はじぶんのこころのなかから始まると。戦争をひとのせいにしないで、じぶんのせいだと考えてみる。

ひとをにくんだり、さべつしたり、むりに言うことをきかせようとしたり、じぶんのこころに戦争につながる気持ちがないかどうか。じぶんの気持ちと戦争はかんけいないと考えるかもしれないが、それでは戦争はなくならない。

まずじぶんのこころのなかで戦争をなくすこと、ぼくはそこから始めたいと思う。」


posted by ぱお at 16:00| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ピアノレッスン日記 合唱伴奏編

こんにちは! ピアノクラスの溝尻です。

Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)今年の中学校の部の課題曲「プレゼント」
とても素敵な曲です。
〜作詞:Saori(SEKAI NO OWARI) 作曲:Nakajin(SEKAI NO OWARI) 編曲:大田桜子〜
メロディが美しく、歌詞はじーんとくる。そして編曲がすばらしい。

ピアノクラスの生徒さんが伴奏を任されていて、レッスンで弾いています。
編曲がとてもいいので、伴奏パートだけでも弾きごたえがあります。私も夢中になって弾いています。

Nコンの昨年度の課題曲は、EXILE ATSUSHI の「桜の季節」。
アンジェラ・アキの「手紙」もかつての課題曲でした。
10代の彼らが素直に共感できる歌詞とメロディ。そして合唱曲に昇華させる編曲家の力。
とても素敵な曲です。
ぜひ、みなさまも聴いてみてください。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 19:10| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

5/31のアトリエぱお

5月31日のアトリエぱおはフル稼働!
3.jpg

1アトリエぱおこどもクラスは東広島市西条へスケッチツアー

2せこへい美術館のワークショップでキッズ・ゲルニカ制作に協力

1.jpg

3【生き生きキッズアート】(@熊野町 筆の里工房)では観察画のレッスン

4受験科はいつものようにビシッと授業

5ピアノクラスは柳井での出張レッスン。

アトリエぱおの子どもたちも、地域の子どもたち・学生たちも、その周辺のおとなたちも、みんなが美術と音楽に親しみ楽しみ、ちょっと苦しみ、今日もいい一日だったなぁと思えることを願って!!
posted by ぱお at 12:01| 広島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

【キッズ・ゲルニカ】〜アトリエぱお受験科学生の取り組み 

22293_909397312431713_2566384026096612878_n.jpg

アトリエぱお受験科学生の取り組み 【キッズ・ゲルニカ】
被爆者で画家の嘉屋重順子さんに被爆体験を話していただき、その後平和公園でスケッチをとりました。
NHKの取材が入っています。制作の様子を連続的に取材し、キッズ・ゲルニカの元安川での展示を撮影終了後に放送される予定です。

11223494_515752491910962_5466828109602878607_n.jpg

アトリエぱお受験生と中高生クラスではメンバー各自がキッズ・ゲルニカの原案をデザインし、メンバー間による人気投票とディスカッションをへて意見調整の上、最終原画案3点を制作します。
1点は「せこへい美術館」のワークショップに提供し、もう2点は中高生クラスと受験科で制作に臨みます。
その経緯にNHKのテレビカメラが入る予定です。

原爆資料館の中をスケッチする学生。
広島で育った彼らは幾度か訪れた場所でしょう。スケッチは多分初めてのことかもしれません。
11260831_909383719099739_4390699884872019463_n.jpg
posted by ぱお at 23:21| 広島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

春フェスタ@広島市佐伯区民文化センター

11050751_929487753763105_8615154155213534742_n.jpg

アトリエぱおの春フェスタ 今日は五日市会場でみなさまをお待ちしています!
 広島市佐伯区民文化センター 1階ロビーギャラリー 4/3 9時〜17時
あいにくのお天気ですが、ロビーギャラリーはアツいですよ! 子どもたちの作品に会いに来てくださいかわいい

アートロビーギャラリー展
アトリエぱおで日々生み出される子どもたちの個性豊かな作品を展示しています。
「ぱおってどんなことをやってるの?」・・作品たちが元気にお答えします。

かわいいミニ工作コーナー
簡単な工作を楽しめます! ぱおのレッスンをちょっと体感してみてください。
◆パステルカラーがかわいいミニマカロン
◆ほんとに音が出るよピース ホイッスル
「なにこれ?」コンテスト

みなさまのご来場をお待ちしています。
広島市佐伯区民文化センター 1階ロビーギャラリー 4/3 9時〜17時

また、本日は別会場(佐伯区民文化センター2階 工作実習室)で「春のワークショップ」も開催します。
ふわふわちょうちょのブローチ 10:30〜11:30
ひつじのお皿(陶芸) 13:00〜14:30
詳しくはこちらをご覧ください。 http://a-pao.com/wp/workshop/

(春フェスタ初日の様子。オープン直後からミニ工作コーナーはにぎわいました。)
11030377_929402643771616_6947328404726479583_n.jpg
posted by ぱお at 08:48| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

ピアノレッスン日記 移調の巻

雪雪雪今日はすっごく寒いですね。雪が舞っています雪雪雪
ひさびさにピアノレッスンの話題を。
ピアノを始めて1年ちょっとのなおちゃん。次の課題は「こぎつね」

この曲、ひけるよ!

ドレミファソ ソ〜 と弾きはじめました。
でも楽譜をよく見ると
レミファソラ ラ〜
の音からスタートしています。

なおちゃんが弾いた ドレミファソ ソ〜 はハ長調。
楽譜に書いてある レミファソラ ラ〜 の曲はニ長調。ファの音が♯(半音上がる)になります。

じゃぁ、からスタートしたらどうなる?
ファからスタートしたら?

「こぎつね」の曲をいろんな音からスタートして弾いてみました。
これ、移調の練習になるんです。
移調の練習には、メロディが簡単で子どもたちがよく知っている曲が適しています。
とくに「こぎつね」や「かえるのうた」は、曲の始まりが ドレミファ〜 のように音がつながっているので子どもたちにわかりやすいです。

いろんな調の曲を聞いたり弾いたりして、響きの違いを感じ、また、シャープやフラットなど黒鍵を使うことにも慣れてもらいたいです。

ピアノクラス 溝尻雅子
posted by ぱお at 18:57| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

ピアノクラス発表会 ひらきました

10915204_931919696820868_8017025168571162465_n.jpg
2015年ピアノクラス発表会より / 作品展示 刀川昇平

ピアノクラスの発表会をひらきました。
「バッハから現在に至る西洋音楽300年の歴史を、演奏を通してたどる」このたびの発表会。
その時代やその国を代表する作曲家の曲を、簡単な解説をまじえながら時代順にみなさまに聴いていただきました。

とりあげた作曲家は、
バロック・・バッハ、ヴィヴァルディ
古典派・・モーツァルト、ベートーヴェン、
ロマン派・・シューベルト、シューマン、ヨハン・シュトラウス1世、ショパン、リスト、ブラームス、ドボルザーク、チャイコフスキー
近代・・サティ、フォーレ、バルトーク、カバレフスキー、ラフマニノフ
現在 日本の音楽・・大田桜子、中田義直、湯山昭、久石譲、AI

そしてこのたびは作品を舞台上に展示し、みなさまに鑑賞もしていただきました。
アトリエぱお講師であり精力的に作家活動もしている、私の大好きな作家 刀川昇平さんの作品です。

このような構成の発表会は初めてです。
音楽の理解が深まり音楽に親しみを感じてもらえたら、嬉しいです。

ピアノクラス 溝尻雅子

posted by ぱお at 11:14| 広島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

アトリエぱおの日曜日はにぎやか。チームラボの体験ツアーに、受験生おいこみに!

10928866_902544153124132_2630032028108248126_n.jpg

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」体験ツアーに行ってきました!
アトリエぱおで行う体験ツアーは2/8、2/11に続いて3回目。
大人気の「お絵かき水族館」をはじめ、「天才ケンケンパ」「小人が住まうテーブル」など5つのアトラクションを楽しみました。

そして己斐教室では、受験科の熱血指導。
これはほっと一息のランチ会の一コマ。
10632746_1081549598527047_7510829482377068600_n.jpg

今年が勝負の年の受験生も、来年・再来年に受験する高1・高2生も、みんなみんな、いい一日を過ごしてほしい。
そして、間もなく受験本番を迎える受験生諸君。これまでやってきたことを信じて、いい「タタカイ」をしてほしい。みんな、がんばれ。

アトリエぱお 溝尻雅子
posted by ぱお at 18:48| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。