2017年07月01日

本物そっくり!おもわず食べたくなっちゃう「タワーパフェのメモスタンド」

こんにちは  こどもクラス講師の梶木です。

ご好評いただいています、「サマースクールおすすめプログラム」のリレー紹介!
本日は、「タワーパフェのメモスタンド」をご紹介します

B_タワーパフェのメモスタンド.jpg

毎年、デザート工作プログラムはとっても大人気!スイーツ好き女子・男子 100名以上のこどもたちが毎年ワクワクしながら制作しています 
中にはデザート工作プログラム毎年参加のリピーターさんも!お家でお菓子屋さんができそうですね

今年はカラフルなスイーツの層がとっても美味しそうなタワー型のパフェを作りますよ!
軽量粘土やカラー粘土、それからホイップタイプの粘土にスポンジやニスなどをもトッピングで使用して、本物そっくりに仕上げていきます

FullSizeRender 5.jpg 


FullSizeRender 7.jpg



FullSizeRender 6.jpg


容器の中には、ジューシーな果肉、ムース、コンフレークなどなど、いろんなトッピングの層
どんな味の組み合わせにしようかな、
イチゴ味に合う味はなんだろう、桃味、マスカット味、ブルーベリー味…
味や食感をイメージしてみて…
とてもワクワクしませんか

大人気プログラムなので、すでに満席のクラスもございます。
一般の方のお申し込みは7/8(土)0:00より開始!
申し込み方法や詳細はこちらをご覧ください


お申し込みおまちしております!

梶木

posted by ぱお at 18:37| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

夏にぴったり!魔よけの「シーサー」

こんにちは。こどもクラス講師の天野です。

ご好評いただいております「サマースクールおすすめプログラム」のリレー紹介!
本日は、「素焼きの黒シーサー」をご紹介します。

サマースクールの定番プログラムである「シーサー」。実は毎年変わっていることをご存知ですか?いろんな陶芸の技法を使って制作をしています。
今年のシーサーは「黒」がテーマ。夏の太陽の光を吸収したような黒色です。なんだか、強そうですね

8F9308F6-67DE-4385-B4B6-EF7B0CAEF965.jpg

とってもリピーターの多いこのプログラム。
なぜかというと、シーサーは2体で一対だからです。口をあけた「あ」像と、閉じている「うん」像。口をあけて幸せを呼び込み、口を閉じて不幸を閉めだすと言われています。
一回で1体だけ作るので、同じ年に2回作ったり、家族や友達と一緒に作ったり、次の年にもう一つ作ったりと、みなさんいろいろ工夫して一対のシーサーを作っています。
中には、家に何対ものシーサーがいるという方も…

同じ作り方をしても必ず同じ顔にならないシーサー。その味わい深さが人気の秘密です。

小さくて頼もしい魔除けのシーサー、いかがでしょうか?
お待ちしております。

アトリエぱおのサマースクール、詳しいご案内やお申し込みはこちらから。



posted by ぱお at 21:42| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

夏は、ウッドブロックの家☆で工作しよう!


こんにちは^_^
帽子の先生こと、刀川です〜☆
梅雨入りしたせいか、最近とても蒸し暑い日が続きますね〜〜。そしてもうすぐ夏がやってきますね^_^
夏といえばやっぱり、アトリエぱおのサマースクール!
こどもクラスの講師たちがサマースクールのオススメプログラムをリレー形式で紹介していく第2弾です☆

今回ご紹介するのは、小さな木のブロックで、本物さながらのミニチュアハウスをつくる「ウッドブロックの家」です^_^
昨年から始まった、まだ新しいプログラムなのですが、とてもご好評をいただいています!
小さな4色のウッドブロックを積み上げて、お家の壁をつくります^_^
そして、木の棒を貼り付けて屋根をつくり、外観には飾り付けもできます。
庭には花が咲いて、芝生が生えて、大きな木が立っていて、、、。

!cid_ii_15cf2250e93c4fdf.jpg

想像しただけでワクワクしちゃいそうな自分だけのオリジナルの木のお家を手づくりできます☆

さらに、今年からはソファーやテーブルなど、お家の内装もつくれちゃいます!
オリジナル度もアップして再登場です☆

!cid_ii_15cf22653fdab6a1.jpg

工作が好き、自分で考えてつくるのが好きな人にはうってつけのプログラムです☆
ぜひこの夏は、ウッドブロックのお家をつくってみませんか?^_^
ウッドブロックの家の詳しい情報や、アトリエぱおのサマースクールのお申し込みはこちらから。
   ↓

刀川でした☆
続きを読む
posted by ぱお at 21:01| 広島 ☔| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

夏休みは「木ROBO」作ろう

IMG_4869.jpg

こんにちは。
こどもクラス講師の浅原です。

本日より、こどもクラスのスタッフが「サマースクールおすすめプログラム」をリレーで紹介していきます。
初日はプログラム表でも先頭のAで紹介されているプログラム「木ROBO」です!

その名の通り、木で作るロボットだから「木ROBO」!
木工作のロボットです。

IMG_4865.jpg IMG_4867.jpg

画像では、人型ロボットと犬型ロボットですが、何型でもかまいません。
キリン型、クワガタ型、オオサンショウウオ型・・・
バリエーションは無限です。

自動運転車やドローン、将棋の名人に連勝する将棋ロボット「ポナンザ」など、A・Iやロボットの進歩がめざましい昨今。10年から20年後には今ある仕事の半分はなくなるかも、という予測もあります。
変化のスピードが急激に進むこれからの時代を生き抜くには、自分のアイデアでゼロからものを作り出す力は、なくてはならない能力です。無限のバリエーションがあるからこそ、ゼロから作る力がつくのです。


IMG_4873.jpg



昨日のブログでも紹介した、ロボット教室で作るロボットとは違い、電池とモーターで動くわけではありませんが、ダボやゴム、ヒートンなどをつけることできちんと動きます。
なので、ワンコは歩いたり、ふせをしたり、
ヒトも歩いたりブリッジしたりします。
IMG_4871.jpg

静止画ではわかりにくいですが、ワンコの尻尾はヒートンでつけているので、揺らすとしっぽを振るんです。
IMG_4870.jpg

木工作といえば工作の王様といっても過言ではありません。
材木をノコギリで切ったり、ドリルで穴を開けたり、ヤスリで削ったりと、木材は手間をかけるほど滑らかになり、見栄えも手触りもよくなります。
ゲームやスマホアプリとは違い、実際に手を動かし、材料を触り、道具を操ることは、古代からの人間の遺伝子に染み込んだ行為であり、5感を使っての制作は、脳の活性化にもつながります。
まだまだ若く柔らかい脳の成長のためにも、この夏休みは木材を使った工作「木ROBO」を作ってみましょう。

IMG_4874.jpg

お待ちしております。

「木ROBO」の詳しい情報や、アトリエぱおのサマースクールのお申し込みはこちらから。
   ↓


浅原でした。

posted by ぱお at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ロボット教室 ロボフィッシュ応用編

A771D438-5E22-4747-A7ED-F69AD29BC1CB.jpg

こんにちは。ロボット教室日曜クラス担当の浅原です。

本日のロボット教室ベーシッククラスは「ロボフィッシュ」の応用編でした。
前回作ったロボフィッシュ(上の画像)を改造して、オリジナルロボットに仕上げます。

ツノをつけてみたり、タイヤを大きくしてみたり、ブロックを高く高く積み上げてみたり、釣竿をつけてみたり、思いついたことをドンドン形にしていきます。ブロックは何度でもやり直せるし、くっつけるのも簡単なので、イメージを形にしていきやすいため、子どもたちのアイデアもどんどん膨らんでいきます。

こちらはクワガタ型ロボフィッシュ↓
4B82597F-78FF-43AE-BAC3-705DC51F4A1C.jpg

こちらはゴムをつなげたロボフィッシュ↓
B98F8C25-93A5-4BC9-8D0D-49019453F6AA.jpg


完成したら、並べてレースをしてみました。
誰のロボットが一番早くゴールにたどりつくでしょうか?
動画も作ってみましたので、ご覧ください。

3E3A972B-53AE-480E-9081-C2629BDB276B.jpg



ロボット西広島教室
日曜ベーシッククラス 第2第4日曜10:30−12:00
木曜ベーシッククラス 第2第4木曜17:00−18:30

ロボット西広島教室では近く体験レッスンを予定しております。
興味のある方はぜひ体験してみてください。
また、個別での体験も承っておりますので、ご希望の方はご相談ください。

posted by ぱお at 15:36| 広島 ☁| Comment(0) | ロボット教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

もうすぐ完成モザイク画

AC0563C4-01C7-40E3-B366-10529394C296.jpg

こんにちは。

アトリエぱおのジュニアクラス(小3〜中学生)では、自分のやりたい内容を長時間かけて制作する個別制作もやっています。

画像は、安芸教室ジュニアクラスのTくんの「モザイク画」の作品。
モザイク画とは、様々な色のタイルを割って並べて絵にする古典技法です。
Tくんは4月から取り組みはじめ、先週やっとタイル貼りが終わり、仕上げの目地セメント塗りに取りかかりました。

タイルとタイルの隙間の目地にセメントを埋め、タイルの汚れを拭き取るという仕上げの行程です。
セメントが乾いたら、フレームのマスキングを剥がして完成です。
完成作品は来週アップさせてもらいます。

お楽しみに!
posted by ぱお at 12:15| 広島 | Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ペーパースカルプチャー

アトリエぱお 南教室のこどもクラスで取り組んだペーパースカルプチャー。
かわいいアニマルズの完成です!
南教室は、広島市南区民文化センターで毎週金曜日に開講しています。

19224851_1554375244607683_5953035670419940390_n.jpg    19224997_1554375427940998_4039754137015889213_n.jpg

19224905_1554375287941012_7384036801553300875_n.jpg   19145984_1554375204607687_5521144800228816347_n.jpg
posted by ぱお at 21:00| 広島 ☀| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

静物画の取り組みその2

こんにちは、こどもクラス講師の天野です。
前回ブログでもレポートした「静物画」のレッスンの様子。
他のクラスでも続々と作品が出来上がってきています。

E53BBFE7-9B60-44B2-A062-F6C0B53557D5.jpg

D245F167-EF8E-4C65-8415-1F815E267B34.jpg

B355A704-75B6-4FA4-AB0A-A8FFF33CF067.jpg

西広島金曜日のクラスでは、イノシシの骨と鳥の剥製を描きます。
ですが、見慣れないモチーフにみんな敬遠気味・・・。
「どうかけば良いのかわからない」という声も聞こえます。

そこで私も一緒に描いてみました。子どもたちは、描き始めるともくもくと取り組みますが、講師の制作はやはり気になる様子でちらちらと見にきます。

CA6D5E4F-30D6-4582-A781-AA4B0D125826.jpg

これに関して、ベテラン浅原講師からはこんな話が聞けました。

絵画とは作品と自分との対話だと思うんですよ。「あ、ちょっと色が薄いかな」とか「色が浮いてしまってやっぱり難しいな」とかの作品とのやりとりの痕跡が、筆のタッチやら引いた線に残るわけで、絵画作品を見て、あ、いいなと思うのは、そういう作家と作品とのやりとりのキャッチボールを感じるからなんじゃないかと思うんですよ。

それは、ある意味では作家にとってはとても恥ずかしい姿でもあるし、ある意味では(だからこそ)見る人が最も見たいところなわけですよ。

それを、自分の先生がさらけ出してくれたというのは、子供達にとっては、なにかわからなくても、なにか感じるところがあるんじゃないか、と思うんですよね。
だからこそ、講師がさらけ出したから、こどもたちもさらけ出してくれたんじゃないでしょうか。

結論としては、こどもたちに「さあ、さらけ出しなさい」というからには自分がさらけ出した作品をみせるべきではないかと思います。
秘密の共有、とでもいうのですかね。

具体的な参考にならないまでも、取り組む姿勢や出来上がったものを見て何か感じてくれたら良いですね。
私自身、「ここは難しいな」「ここはこうしたら」など、より子どもたちの立場に立って考えることができました。
静物画のレッスンが終わったら、いえ、どのレッスンのときにも、ぜひおうちに持って帰った作品を見て、話を聞いてあげてください。
彼らなりの対話の結果が、そこにはあるはずですよ。

天野

posted by ぱお at 13:00| 広島 | Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

おおきな おさかなづくり!


3歳〜年長さんまでを対象としたpetitクラスでは、体験による驚きや発見!に重きを置いたプログラムを主に作っています。

6月のプログラムは「巨大魚(きょだいぎょ)」づくり!
4E87DC59-0B8A-4F3B-AC6D-A9DDE8718AE2.png

茶封筒を切って、大きな魚の形を作ります。中には新聞紙を詰めてボリュームを出します。
形ができたら、絵の具で着色をしてできあがり!!
普段の工作ではなかなかないサイズ。小さな園児さんたちには本当に大きなお魚ですね!
抱えて記念写真をぱちり。

創造力を育むアトリエぱおのpetitクラス、
安佐南教室、西広島駅前教室、安芸教室、五日市教室、南教室で開講中!

見学・体験は随時実施中。ぜひぜひお越しください!

posted by ぱお at 13:55| 広島 | Comment(0) | キッズレッスンカレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

キッズ、ジュニアの静物画はじまりました

720EC9DC-AA2B-4DA3-A646-AEE1D7C0F7A9.jpg

こんにちは。
キッズ、ジュニアクラスでは「静物画」のレッスンが始まっています。

「静物画」とは西洋美術のジャンルの一つで、本や果物、ガラス瓶などを組み合わせたモチーフを描きます。
人物や風景、動物のように動かないので、時間をかけてじっくりと制作することができます。

ぱおのこどもクラスでも数年ごとに取り組んでいます。
モチーフは、教室ごとに担当講師が練りに練って組みます。クラスの男女比、年齢、人数、好みなどで変えています。
なにせ2〜3週間かけて制作しますので、やる気の出るモチーフでないといけないのです。

42ECF42E-676C-47D3-965D-E8A8C098E508.jpg5457933E-D7AC-40AB-9049-0FC36ACF6420.jpg

画像は宇品教室土曜日クラスの様子です。
このクラスは「旅」をテーマに、地球儀や鳥、飛行機などがモチーフです。

253A40EB-258E-48A5-B917-0594A470BB6A.jpg

どんな風に仕上がるか楽しみですね。

浅原
posted by ぱお at 20:20| 広島 ☀| Comment(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする